購入する印鑑の種類を選択しよう

印鑑を購入する時は、業者選びだけでなく種類を選択することが求められます。種類は複数取り上げることができるでしょう。例えば、法人向けか個人向けかです。会社の経営者の多くは、法人印と個人印を所有しています。会社では個人よりも手続きの処理が複数あるため、会社を設立する際に購入する方が多くなっています。

法人か個人向けかだけでなく手続きで分けることも可能です。実印は通常、住宅や自動車購入における手続きなどに使用します。銀行印は銀行の口座開設や預貯金の引き出しなどに使用します。基本的に多くのご家庭では、実印と銀行印を使い分けています。実印や銀行印はゴム印の使用ができませんし、大量生産されている三文判も向いていません。荷物の受け取りや認印が必要ない場面ではゴム印を押印することができますが、基本的に認印もきちんとしたものを用意しておくことが社会人としてのマナーと言えるでしょう。

日本ははんこ社会ですから、社会人になれば自ずと実印や銀行印、認印など印鑑が必要となります。サイトによっては、複数の種類をまとめて購入できるところもありますし、せっかくだからお揃いのものをセットで購入したい方もいらっしゃるでしょう。そのような方が利用できるサービスを通販サイトでも行っています。セット売りなら、実印から認印までまとめて販売してくれるので、一式そろえたいと思われている購入検討者は利用しやすいのではないでしょうか。

≪関連情報≫
印鑑・実印・はんこ・通販ショップ・いいはんこやどっとこむ®【公式サイト】