購入する際の決済サービス

印鑑を購入する時は、決済方法を選択しなければなりません。決済方法は、通販サイトで購入するかお店で購入するかで分けることができます。

お店で購入をする時は、クレジットカードが現金払いが一般的です。一方通販サイトでは、現金払いはありませんがクレジットカードや代引き、銀行振込など様々な決済方法を選択できます。クレジットカードを利用する時は、通販サイトで支払い情報を記入する必要があります。主に必要な情報はクレジットカード番号、期限、パスワードになります。クレジットカードを所有している方は、通販サイトで印鑑を購入する時クレジットカード決済をする方が多くなっています。

銀行振込は、銀行口座にある現金を業者に振り込みます。現在ではATMが点在しています。コンビニエンスストアや銀行などから利用することができるため、クレジットカードを持っていない方やクレジットカードのお支払いが多くなりそうだと思われる方は、銀行から振込みをすることも可能です。

代引きとは、商品と引き換えに現金を支払う方法です。手数料がかかりますが、お店を利用して購入する時のように現金払いに近い決済をすることができます。このように様々な決済方法がありますから、お好みの決済方法を選択しましょう。

通販で購入する人は会員登録をしよう

店舗ではなく通販サイトで購入をしたいと思われている方は、通販サイトが提供する会員登録サービスを利用して通販サイトの会員になってみてはいかがでしょうか。基本的に印鑑を購入する時は会員登録が必要となっているところが多くなっています。会員登録は通販サイトから行うことができます。また、記入しなければならない必要事項も多くの通販サイトでは少ないため、手間がかからないケースが多くなっています。会員登録をした情報は、主に業者が配達をする際に利用します。商品を郵送をする時は氏名、住所などの最低限の情報が必要です。基本的に多くの業者では顧客が安心できるように安全に情報を管理してくれます。

また、会員登録をすることによって、メルマガなどを受けることができます。基本的に通販サイトでは、メルマガの受け取ることを許可するかどうか聞いてくれるため、必要でないという方は受け取らない選択を行うことも可能です。メルマガを利用すれば、サイト利用者に多くの利点があります。例えば、新規入荷商品やおすすめ商品など顧客に有益な情報を教えてくれるので、利用して損をすることはないでしょう。

商品を購入する前に会員登録を行い商品を購入しましょう。

購入する印鑑の種類を選択しよう

印鑑を購入する時は、業者選びだけでなく種類を選択することが求められます。種類は複数取り上げることができるでしょう。例えば、法人向けか個人向けかです。会社の経営者の多くは、法人印と個人印を所有しています。会社では個人よりも手続きの処理が複数あるため、会社を設立する際に購入する方が多くなっています。

法人か個人向けかだけでなく手続きで分けることも可能です。実印は通常、住宅や自動車購入における手続きなどに使用します。銀行印は銀行の口座開設や預貯金の引き出しなどに使用します。基本的に多くのご家庭では、実印と銀行印を使い分けています。実印や銀行印はゴム印の使用ができませんし、大量生産されている三文判も向いていません。荷物の受け取りや認印が必要ない場面ではゴム印を押印することができますが、基本的に認印もきちんとしたものを用意しておくことが社会人としてのマナーと言えるでしょう。

日本ははんこ社会ですから、社会人になれば自ずと実印や銀行印、認印など印鑑が必要となります。サイトによっては、複数の種類をまとめて購入できるところもありますし、せっかくだからお揃いのものをセットで購入したい方もいらっしゃるでしょう。そのような方が利用できるサービスを通販サイトでも行っています。セット売りなら、実印から認印までまとめて販売してくれるので、一式そろえたいと思われている購入検討者は利用しやすいのではないでしょうか。

≪関連情報≫
印鑑・実印・はんこ・通販ショップ・いいはんこやどっとこむ®【公式サイト】

印鑑を購入するためにお店を選ぼう

印鑑を購入しようと思っている方もいらっしゃるでしょう。機会として挙げられるのが、息子さんや娘さんが自身で通帳を作れるようになったり、様々な契約を結ぶことができたりする年齢になった時に、プレゼントとして考える方が多いのではないでしょうか。もしくは、昔から使用している印鑑が古くなり、それを買い換えるために購入を検討している方もいるでしょう。

購入をする時は、まずお店を選択することが求められます。友人からおすすめの店舗を紹介してもらったなら、選択の必要はありませんが、自分で探さなければならない場合は、数ある店舗の中から選択しなければならないでしょう。

お店は大まかに二つに分類できます。それは通販サイトか、自宅付近にある専門店です。インターネットが普及する前は、比較的多くの方が路面に建っている店舗を利用していました。今でも自宅近くに店舗があり、評判が良ければ迷わずにそちらを利用する方もいるでしょう。しかし、時代の変化に伴い、自宅周辺に印鑑を彫って販売してくれるお店がなくなったという方も珍しくありません。

通販サイトは、住んでいる地域に関係なく注文することが可能です。しかし、配達できる範囲が決められている通販で購入する時は、エリア内であるかどうかを確認しなければなりません。そして、通販サイトを利用するためには、インターネット環境が必要です。インターネット環境がある方は、通販サイトでの購入を検討されてみてはいかかがでしょうか。今回は業者選びの他にも、印鑑を購入する際の種類の選択や会員登録サービス、印鑑を購入する時の決済方法などを紹介します。